ロイシン 食べ物

ロイシンは食べ物から摂取できるの?

タンパク質

 

「ロイシン」は筋肉強化に必要なアミノ酸

 

必須アミノ酸の一つで、筋肉を強化する働きを持つロイシンですが、
果たして食べ物から摂取することができるのでしょうか。

 

実は、ロイシンは食べ物から摂取することによって、
筋肉の合成を促す信号を送り、なおかつ筋肉の材料ともなるアミノ酸であるため、
食べ物からの摂取が必要とされている栄養素なのです。

 

 

ロイシンを摂取できる食べ物とは??

 

ロイシンを摂取できる食べ物にはいろいろありますが、その一つが赤身の肉類です。
例えば、牛ロースの赤身や豚ロースの赤身、また鶏の胸肉など、脂身が少なく赤身中心の肉類がおすすめです。

 

また、ロイシンを摂取するためには、鮭やアジといった魚介類も積極的に摂り入れたい食べ物と言えます。

 

中でも、鰹節はおすすめで、鰹節100グラムあたり5,900ミリグラムものロイシンが含まれていると言われています。

 

それで、だし汁を取る際、出し殻を捨ててしまうことなく、
出し殻も一緒に食べるようにするなら、効率よくロイシンを摂取できるでしょう。

 

さらに、ロイシンを摂取できる食べ物としては、高野豆腐があります。

 

高野豆腐100グラムあたり4,500ミリグラムほど含まれているため、
他の大豆製品と同様、是非とも積極的に摂り入れたい食べ物と言えるでしょう。

 

これらの他にも、ピーナッツ、チーズや牛乳、脱脂粉乳といった乳製品、
トウモロコシなどにも豊富に含まれています。

 

毎日の食事に意識的に加えることによって、この大事な栄養素を効率よく摂取するようにしましょう。