ロイシン ステロイド

ロイシンとステロイドの違いは?

筋肉成分

 

はじめに『ステロイド』とは??

 

医薬品のステロイドとは、別名ストレスホルモンと呼ばれる物質です。

 

副腎で作られるホルモンですので、副腎皮質ホルモンとも呼ばれます。
皮膚炎の治療に使われることがあります。

 

一方、スポーツ界におけるステロイドとは、
たんぱく質を筋肉に変えるテストステロンという男性ホルモンを指します。

 

筋肉を合成する作用を持つテストステロンという男性ホルモンを体内に取り込むと、
女性よりも男性の方が筋肉が付きやすいのも、テストステロンの分泌量が男性の方が多いからに他なりません。

 

テストステロンにより、男性ホルモンが通常の分泌量より多くなる状態下において、
たんぱく質を摂取すると、筋肉になる効率が、通常の男性ホルモンの分泌量の人と比較して、明らかに異なるのです。

 

その強力な作用に着目して、スポーツ界では筋肉増強剤と称されており、
禁止薬物に指定されており、ドーピング検査で引っ掛かります。

 

また、強すぎる作用に当然の反動である、副作用があり、毛髪の脱毛、高血圧、怒りやすくなる等が報告されています。

 

 

一方の『ロイシン』の効果とは??

 

そして、ロイシンとは、たんぱく質の合成と分解を調整することで、
子供の成長や大人の筋肉維持に必要な必須アミノ酸で、バリン、イソロイシンと共にBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれます。

 

このロイシンは、自然由来のたんぱく質が代謝によって生じた必須アミノ酸ですので、
害もなく、ドーピング検査にも引っ掛かることはありません。

 

ただし、過剰に摂取すると、筋肉が減少するという報告があるので摂取量には注意が必要です。

 

用法・用量を守って摂取することが大切です。

 

HMBサプリガイド|科学的な効果とおすすめ筋トレサプリランキング